神使像めぐり☆余話

,

山王さんは子宝・安産の神+

渡来系豪族、秦氏に残る古文などに依る伝説には、 「山王(大山咋神)が丹塗の鏑矢(かぶらや)に化身して川を流れ下って、 川遊びをしていた賀茂玉依姫(下賀茂神社の祭神)を懐妊させ、子をもうけた」とあるといいます。

続きを読む+ 4年 前
,

クマの神社とイヌ・ネコの神社+

「クマの神社」「イヌ・ネコ神社」という神社自体が珍しいのですが、 この二社の神社名はひとひねりしてあって、 微笑みを誘う、 遊び心が感じられます。前者は架空の神社ですが、後者は本物の神社です。

続きを読む+ 4年 前
,

鯰(なまず)と地震と要石(かなめいし)+

東日本大震災は東北三県と鹿嶋・香取神宮のある茨城・千葉県に大きな被害をもたらしました。 本年に入っても、 震度5を超える地震が頻繁に起こっています。

続きを読む+ 4年 前
,

毘沙門天の百足(むかで)+

「信貴山朝護孫子寺」や「鞍馬寺」の縁起で 毘沙門天が出現したのが寅年、寅日、寅の刻とされることから、 「虎」が毘沙門天のお使い(神使)ともされています。  しかし、

続きを読む+ 4年 前
,

僧侶姿のムジナ・ウマ・サル+

ムジナ(狢)・ウマ・サルが袈裟をつけて僧侶の姿になっています。 山門の前に狐狸妖怪のいる寺もあります。 でも、 なぜか憎めない連中です。   僧侶に化けたムジナ(狢) 瑞泉寺  神奈川県鎌倉市二階堂710 むかし、鎌倉の

続きを読む+ 4年 前
,

地上の怪魚 (かいぎょ)+

寺社の境内や街中で 奇妙な大きな魚に出会うこと があります。 地上の怪魚です。        写真をクリック拡大してご覧下さい。 一層 怪魚になります  ふぐ(河豚) 寛永寺不忍池弁天堂・ふぐ塚   東京都台東区上野公園2-1 上野の不忍池の弁天堂に、ちょっと意外な大きなふぐの石像があります。ふぐ供養碑です。ふぐ塚は、

続きを読む+ 4年 前
,

賽の河原で石を積む幼な子・・・地蔵和讃+

地蔵和讃(じぞうわさん)という、 御詠歌 (ごえいか)があります。 『日が昇ると、二つ三つと十にも満たずに死んだ幼な子が、冥土の賽の河原で、

続きを読む+ 4年 前
,

カニからもらった榧(カヤ)の実+

寺の境内に、 榧(カヤ)の実を持つカニを彫りだした大石があります。 都の天然記念物にもなっている、 善養寺の大榧(カヤ)にまつわるカニです。 善養寺  東京都世田谷区野毛2-7-11 多摩川に近いこの寺の境内には、多種多様な

続きを読む+ 4年 前
,

陰陽師、安倍晴明と狐・・・葛の葉伝説+

平安時代の高名な陰陽師、安倍晴明は、 稲荷の狐が化身した女性(葛の葉)と人間の男性との間に生まれた子として 伝わります。 「葛の葉伝説」と呼ばれ、江戸時代には、「蘆屋道満大内鑑」 (通称「葛の葉」)などと題されて

続きを読む+ 5年 前
,

三すくみ+

「三すくみ」という言葉があります。その意味は、広辞苑によると、 「 蛇はナメクジを、ナメクジは蛙を、蛙は蛇を恐れるということから、 三者互いに牽制し合って、 いずれも自由に行動し得ぬこと」 とあり、

続きを読む+ 5年 前
,

初夢と宝船絵と獏(バク)+

初夢:  初夢(ハツユメ)の内容で、 その年、一年間の吉凶を占うことが行なわれてきました。大晦日から元日の夜は眠らずに過ごすのが一般的だったため、 1月1日から1月2日にかけての夜に見る夢が初夢とされます。

続きを読む+ 5年 前
,

狛犬になったライオン像+

もとの職場 がなくなり、縁のある神社の狛犬として 第二の人生を送っている ライオン像があります。    池袋三越のシンボルだったライオン 三囲神社           東京都墨田区向島2-5-1

続きを読む+ 5年 前
,

稲穂を持つ鷲+

本年(2012年)10月1日に、 東京駅丸の内駅舎が開業当時(大正3年)の姿に復原されました。 南北のド-ムも復原され、 ドーム天井の鷲や干支のレリーフも再現しました。 開業時の駅舎は、日本銀行本店などを設計した

続きを読む+ 5年 前
,

京都の鯰(なまず)+

京都には、 珍しい鯰(なまず)の図があります。 「瓢箪 鯰」と「弁財天の鯰」 です。 瓢箪鯰(ひょうたんなまず) 妙心寺退蔵院  京都府京都市右京区花園妙心寺町64 退蔵院は、室町時代の狩野元信による「枯山水庭園」や

続きを読む+ 5年 前
,

平成は、オオカミ(像)までアニメ風+

山犬(ニホンオオカミ)と同様にオオカミ像も消滅するのでは と危惧される中で、平成に入ってから、 私の知る限りでも下掲の4社に5対ものオオカミ像が新たに奉納されています。 ちょっとした驚きです。 しかし、これらの像は、

続きを読む+ 5年 前
,

魚売りの美女+

魚を入れた竹籠(魚籃)を持つ美女 ・・・魚籃観音像                                                                      写真をクリック拡大してご覧ください 中国の唐の時代、 竹籠(魚籃)に魚を入れて行商する美女がいました。  大変美しいので

続きを読む+ 5年 前
,

馬を守り世話をする猿 ・・・ 猿と馬+

昔から、 猿は、馬の病を治したり、 馬の世話をするなどといわれ、 馬の守り神とされています。印度から中国を経て日本に伝わった信仰とのことです。 猿が馬の守護神とされる由来について、日本では、①陰陽五行説では、

続きを読む+ 5年 前
,

角(つの)のない鬼+

「鬼子母神」と「鬼神社」の 二社の神額などでは、 「鬼」の字を表記するのに、 角(つの)の無い鬼の字を用いています。   鬼の字から角をとった字か、もともと角のない鬼の異体字を用いたか、は分かりませんが、

続きを読む+ 5年 前
,

「鳩の燭台」・・・鳩は平和の象徴+

上野東照宮境内と新宿区役所本庁舎に「ハトの燭台」があります。

続きを読む+ 5年 前
,

なんか変だゾウ  「飯綱権現」と「因幡の白兎」の像+

いわば、間違い探しクイズです。 下の「飯綱権現」像と「因幡の白兎」像には、 なんか変なところがあります。 写真をクリック拡大してよーくご覧ください。

続きを読む+ 5年 前
,

首なし菩薩を載せる象と獅子・・廃仏毀釈+

群馬県藤岡市にある 七輿山古墳には、 明治初期の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の爪跡を生々しく伝える、 首なしの釈迦三尊像と五百羅漢像があります。

続きを読む+ 5年 前
,

酒徳利と腹鼓・・石造りのタヌキたち+

石造りの狸はお寺に多いようです。 酒徳利を持っていたり、 腹鼓をうったり、  じつにさまざまな愛嬌を見せてくれます。 出会った石狸たちです。 それぞれの写真をクリック拡大してご覧ください  信楽焼きなど陶製の狸像

続きを読む+ 5年 前
,

神話を語る手水の水口 ・・・ 鶏と蛇の水口+

境内にある手水の水口で 圧倒的に多いのは 龍、次いで神使などですが、 神話を語る水口もあります。 ① 時を告げるのが遅れて竜田川に流された鶏 

続きを読む+ 5年 前
,

豹(ヒョウ)は「雌の虎」+

戦国時代-江戸時代初頭に、狩野派などによって描かれた屏風絵や襖絵、障壁画などの「虎図」には、複数の虎の中に、豹の姿がみられます。 これは、 虎や豹の実物を見たこともない中で、 当時の常識として、「豹は雌の虎」

続きを読む+ 5年 前
,

母と子の狛犬 … 水天宮の「子宝・安産祈願の撫で犬」 +

水天宮に、母と子の絆と愛情が感じられる狛犬や和犬の像があります。 水天宮の総本社は福岡県久留米市の久留米水天宮。   寿永4年(1185)の壇ノ浦の源平合戦で破れて、

続きを読む+ 5年 前
,

鳩が隠れている額・・・鳩文字の額+

鳥居・楼門・拝殿などには、社名などを入れた「額」 が架かっている場合が多いのですが、 構築物の大きさや豪華さなどに目を奪われて、なかなか、「 額」に書かれた文字の細部にまで気が及びません。 「額」の中には、

続きを読む+ 5年 前
,

石面に彫られたキツネ+

稲荷社の狐の像はおなじみです。しかし、石面に彫られた狐は珍しいものです。   宝珠で遊ぶ狐の親子 慈眼院沢蔵司(たくぞうす)稲荷 浄土宗 東京都文区小石川3-17-12  寺の入り口、石段の壁に埋め込まれたレ

続きを読む+ 5年 前
,

白象に乗る遊女+

観阿弥の謡曲「江口」 観阿弥の謡曲に「江口」というのがあります。「浮世は仮の宿で、精進すれば後生は成仏して救われる」という仏教の大乗を暗示する、奥深い曲です。  観阿弥の謡曲「江口」のあらすじ 遊女が普賢菩薩に!

続きを読む+ 5年 前
,

「合羽橋のカッパ」と「河童徳利のカッパ」+

合羽橋のカッパ 曹源寺 東京都台東区松が谷3-7-2 メトロ銀座線「田原町」、JR上野駅から歩13分  「てっへんへ手向けの水や川太郎」と刻まれた、合羽川太郎 の墓とされる石碑

続きを読む+ 5年 前